昔から遺伝での薄毛に悩んでいます。

最初に薄毛に気付いたのはいつ頃ですか?

20年前以上の話です。
高校1年生のころから、薄毛が目立つようなりました。

薄毛で一番困ったことは何ですか?

髪の毛を真ん中で分けても、右側で分けても、大きく地肌が見えてしまいました。
それだけならまだ良かったのです。
高校2年生になると、ヘアスタイルをいろいろ工夫してみても、分け目だけでなく全体的に地肌が透けて見えるようになってきました。
同級生の視線も、自然と私の頭髪にいくようになり、そのことをからかわれるようになりました。

まだ17歳ですから、もう死にたくなるほど恥ずかしい気持ちになります。
元々、叔父や祖父など男性全員が遺伝的に薄毛の家系なのです。

薄毛の対処方法はありましたか?

解決法はないだろうと、直感的には感じていました。
それでも地肌が透ける状態を、何とかごまかす方法はないかと調べてみました。
最初は、髪の毛を細かく切ったものを頭にふりかける商品を利用したのですが、
至近距離で頭を見られると、「ふりかけをかけている」というのは、ばれてしまいます。
しかし、カツラをつけるのはお金もかかりますし、高校生でカツラをつけるわけにはいきません。
ひたすら我慢してやり過ごしました。

その後、大学に進学しましたが、薄毛はますます進行します。
いつも通っている理容室の店員に、それとなく相談してみたところ、
「むしろ思いっきり短髪にしたら、薄毛が気になるどころか意外と格好よく見えるものだよ」と、
アドバイスをしてもらい、バリカンで5ミリの長さに切ってもらいました。

自分でもかなり思い切ったのですが、確かに清潔感が出て、イメージが良くなったようです。
これを機に、「ふりかけ」を使うのを止めました。
それからも、薄毛は進行し続けていますが、あまりくよくよ悩まなくなりました。